17.10 - 結果値 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SUBSTRING/SUBSTRはstring_expressionのn1の位置から開始して、n2文字またはバイトを抽出します。

結果の文字列で文字数またはバイト数を得るには、バイト文字列にはBYTE関数を使用し、文字列にはCHARACTER_LENGTH関数を使用します。

以下のいずれかの条件がTRUEの場合、SUBSTRING/SUBSTRは長さがゼロの文字列を戻します。
  • (n1 > string_length) AND (0 ≤ n2)
  • (n1 < 1) AND (0 ≤ n2) AND ((n2 + n1 - 1) ≤ 0)
n2 結果
指定する場合  
  条件 結果  
  n2 < 0 SUBSTRING/SUBSTRはエラーを返します。  
  0 ≤ n2および

n1 >

string_length
SUBSTRING/SUBSTRは、ゼロの文字を含む文字列を返します。  
  0 ≤ n2および

n1 < 1

SUBSTRING/SUBSTRは、n4  = n2  + n1  - 1に設定し、n3  = 1に設定します。  
    条件 SUBSTRING/SUBSTRが返す値    
    n4 ≤ 0 ゼロの文字を含む文字列。    
    n4 > string_length ソースの文字列。    
    0 < n4 <= string_length n3で開始し、n4文字に拡張する文字列。    
     
  0 < n2

AND

1 ≤ n1 ≤ string_length

   
    条件 SUBSTRING/SUBSTRが返す文字列    
    (n1 + n2 - 1) > string_length n1で開始し、ソース文字列の最後の文字で終わる。    
    0 < (n1 + n2 - 1) ≤ string_length n1で開始し、n2文字に拡張する。    
     
 
指定しない場合  
  条件 SUBSTRING/SUBSTRが返す値  
  n1 < 1 ソースの文字列。

ソース文字列がCHAR型の場合、末尾の埋め込み文字は除去されます。

 
  n1 > string_length ゼロの文字を含む文字列。  
  1 ≤ n1 ≤ string_length n1で始まり、ソース文字列の最後の文字で終わる文字列。

ソース文字列がCHAR型の場合、末尾の埋め込み文字は除去されます。