17.10 - 例: 乱数の整数を結果として返す - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

sales_tableという名前のテーブルに、以下のような列のサブセットがあるとします。

Store_ID Product_ID sales
1003 C 20000
1002 C 35000
1001 C 60000
1002 D 50000
1003 D 50000
1001 D 35000
1001 A 100000
1002 A 40000
1001 E 30000

以下のSELECT文は、結果行の各行ごとに1~3の範囲の乱数を戻します。

   SELECT store_id, product_id, sales, RANDOM(1,3)
   FROM sales_table;

結果テーブルは、例えば以下のようなものになります。

Store_ID Product_ID sales RANDOM(1,3)
1003 C 20000 1
1002 C 35000 2
1001 C 60000 2
1002 D 50000 3
1003 D 50000 2
1001 D 35000 3
1001 A 100000 2
1002 A 40000 1
1001 E 30000 2