17.10 - 集約関数について - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

集約関数は通常、算術式の中で使用されます。集約関数は、行のグループに対して動作し、グループごとの結果テーブルに単一の値を返します。

次の文では、SUM集約関数はSales_Tableテーブルによって定義された行のグループに対して動作します。

   SELECT SUM(Total_Sales)
   FROM Sales_Table;
   Sum(Total_Sales)
   ----------------
            5192.40

複数の結果値としてより複雑で精巧な結果を出すために、GROUP BY句を使用することができます。次の文では、SUM集約関数はSales_TableテーブルのProduct_ID列によって定義された行のグループに対して動作します。

   SELECT Product_ID, SUM(Total_Sales)
   FROM Sales_Table
   GROUP BY Product_ID;
   Product_ID  Sum(Total_Sales)
   ----------  ----------------
          101           2100.00
          107           1000.40
          102           2092.00