17.10 - 暗黙変換の実行対象になるデータ型 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

オペランドのデータ型が異なる場合には、次のテーブルに従って暗黙の変換がVantageによって実行されます。暗黙変換は、ANSI SQL:2011規格のTeradata拡張機能です。

文字データ型と数値データ型の比較では、文字フィールドを数値に変換できることが必要です。

式のオペランド もう一方の式のオペランド Vantageによるデータの比較内容
Character Character Character

詳細については、文字列の比較を参照してください。

Date Date

Vantageにより、GRAPHICサーバー文字セットを使った文字データに対してエラーが返されます。

BYTEINT

SMALLINT

INTEGER

FLOAT

FLOAT。

Vantageにより、GRAPHICサーバー文字セットを使った文字データに対してエラーが返されます。

Period Period
CHAR(k)

VARCHAR(k))

WHERE k <= 16

BIGINT

DECIMAL(m,n)

FLOAT。

Vantageにより、GRAPHICサーバー文字セットを使った文字データに対してエラーが返されます。

CHAR(k)

VARCHAR(k)

このとき、k > 16

DECIMAL(m,n)

このとき、m <= 16

FLOAT。

Vantageにより、GRAPHICサーバー文字セットを使った文字データに対してエラーが返されます。

BIGINT

DECIMAL(m,n)

このとき、m > 16

Vantageにより、エラーが返されます。
CHAR(k)

VARCHAR(k)

NUMBERおよびk <= 16 FLOAT。

Vantageにより、GRAPHICサーバー文字セットを使った文字データに対してエラーが返されます。

NUMBERおよびk > 16 Vantageにより、エラーが返されます。
BYTEINT SMALLINT SMALLINT。
BYTEINT

SMALLINT

INTEGER INTEGER
BYTEINT

SMALLINT

INTEGER

BIGINT

BIGINT BIGINT
BYTEINT DECIMAL(m,n)

m <= 18およびm-n >= 3

DECIMAL(18,n)。
SMALLINT DECIMAL(m,n)

m <= 18およびm-n >= 5

INTEGER DECIMAL(m,n)

m <= 18およびm-n >= 10

DATE
BYTEINT DECIMAL(m,n)

m > 18またはm-n < 3

DECIMAL(38,n)
SMALLINT DECIMAL(m,n)

m > 18またはm-n < 5

INTEGER DECIMAL(m,n)

m > 18またはm-n < 10

DATE
BIGINT DECIMAL(m,n)
DECIMAL(m,n) DECIMAL(k,j)

max(m-n,k-j) + max(j,n) <= 18

DECIMAL(18,max(j,n))
DECIMAL(k,j)

max(m-n,k-j) + max(j,n) > 18

DECIMAL(38,max(j,n))
BYTEINT

SMALLINT

INTEGER

BIGINT

DECIMAL(m,n)

NUMBER(m,n)

NUMBER(m)

NUMBER(*,n)

NUMBER

NUMBER(k,j)

NUMBER(k)

NUMBER(*,j)

NUMBER

NUMBER
DATE BYTEINT

SMALLINT

INTEGER

INTEGER
BIGINT BIGINT
FLOAT FLOAT
FLOAT BYTEINT

SMALLINT

INTEGER

BIGINT

DECIMAL(m,n)

NUMBER(m,n)

NUMBER(m)

NUMBER(*,n)

NUMBER

FLOAT
Period Character Period