17.10 - IN/NOT IN Predicateの構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
expression_1 [NOT] IN
  { expression_2 | ( literal_specification [ { OR | , }...] ) }

構文要素

expression_1
expression_2内で、またはliteralsigned_literal TO signed_literal、またはdatetime_literalのいずれかで指定されたリテラルの明示リスト内で存在がテストされる式の値。
expression_1データ型とliteral値は互換性がなければなりません。暗黙の変換のルールは、比較演算子のそれと同じです。
IN
含まれているものをテストするのか、含まれていないものをテストするのかを指定します。
リテラルのリストが指定され、signed_literal_1TOsigned_literal_2が含まれている場合を除き、INを次のいずれかと置き換えることができます。
  • IN ANY
  • IN SOME
  • = ANY
  • = SOME5
代用可能
  • <> ALL
  • NOT IN ALL
expression_2
expression_1の存在がテストされる値。
literal_specification
{ literal |
  signed_literal_1 TO signed_literal_2 |
  datetime_literal
}
literal
  • リテラル
  • マクロのパラメータ
  • TIMEやDATEなどの組み込み値
signed_literal_1 TO signed_literal_2
リテラルの範囲。
datetime_literal
ANSI DateTimeリテラル。