17.10 - THEN/ELSE文字タイプの式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のルールは、すべてのTHEN/ELSE式のデータ型が文字の場合のCASE式に適用されます。

  • CASE式の結果も文字データ型になり、その長さは、THEN/ELSE式のさまざまな文字データ型の最大長に等しくなります。
  • すべてのTHEN/ELSE式のデータ型がCHARACTER (またはCHAR)の場合、結果のデータ型はCHARACTERになります。複数の式がVARCHAR (またはLONG VARCHAR)の場合、結果のデータ型はVARCHARになります。
  • 結果のサーバー文字セットは、次のように決定されます。
    • CASE式に1つの非リテラル文字式と1つ以上のリテラルが含まれている場合、Vantageはすべてのリテラルを非リテラルの文字セットにコード変換します。このコード変換が成功すると、非リテラルの文字セットが結果のデータ型に使用されます。変換に失敗した場合、結果のサーバー文字セットはUnicodeになります。
    • CASE式に複数の非リテラル文字式と1つ以上のリテラルが含まれている場合は、次のようになります。

      すべての非リテラル式に同一の文字セットが含まれている場合、Vantageは共通データ型としてこの文字セットを使用します。そうではなく、非リテラル式に異なる文字セットが含まれている場合、Vantageは共通データ型としてUnicode文字セットを使用します。

      Vantageは、 すべてのリテラルを共通データ型の文字セットにコード変換できるかどうかを試します。この変換に成功すると、結果のデータ型は共通データ型の文字セットになります。変換に失敗した場合、結果のサーバー文字セットはUnicodeになります。