17.10 - CASE式におけるデータ型に対する制限事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の制限事項が、CASE式中のCLOB、BLOB、およびUDTタイプに対して適用されます。

データ型 制限
BLOB value_expression_1value_expression_nscalar_expression_m、またはscalar_expression_nの中でBLOBを使えるのは、これがBYTEまたはVARBYTEにキャストされる場合だけです。
CLOB value_expression_1value_expression_nscalar_expression_m、またはscalar_expression_nの中でCLOBを使えるのは、これがCHARまたはVARCHARにキャストされる場合だけです。
UDT 1つのCASE式で、複数のUDTを使用できます。ただし、次の制限があります。
  • value_expression_1からvalue_expression_nまでのデータ型は、いずれかがUDTデータ型である場合には、同一のUDTデータ型である必要があります。
  • scalar_expression_nとscalar_expression_mのいずれかがUDTデータ型である場合、どちらも同じUDTデータ型である必要があります。

Vantageは、CASE式でのUDTに対しては暗黙の型変換を実行しません。この制限事項に対する対処策としては、CREATE CASTを使用して、UDTどうしの間でキャストを行なうCASTを定義してから、CASE式内で明示的にCAST関数を呼び出します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。