17.10 - CURRENT_TIME/CURTIME関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
{ CURRENT_TIME | CURTIME () } [ ( fractional_precision ) ]
  [ AT { LOCAL | [ TIME ZONE ] { expression | time_zone_string } } ]

構文要素

fractional_precision
戻り値の精度範囲。有効な範囲は、0から6です。デフォルトは0です。
AT LOCAL
DBS制御フラグのTimeDateWZControlが有効な場合、返される値はセッションの時間とセッションのタイムゾーンを基にして構成されます。
TimeDateWZControlが無効な場合は、Vantageローカルの時間値とセッションのタイムゾーンを基にして構成された値が返されます。
AT [TIME ZONE] expression

expressionで定義されているタイムゾーン変位を使用します。

expressionのデータ型はINTERVAL HOUR(2) TO MINUTEか、暗黙的にINTERVAL HOUR(2) TO MINUTEに変換できるデータ型でなければなりません。

AT [TIME ZONE] time_zone_string
time_zone_stringはタイムゾーン変位を決定します。