17.10 - ウィンドウ集約関数への引数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ウィンドウ集約関数は、リテラル、リテラル式、列名(salesなど)、または列式(sales + profitなど)を引数として取ることができます。

ウィンドウ集約では、通常の集約をPARTITION BY句とORDER BY句の入力パラメータとして受け取ることもできます。RESET WHEN句では、RESET WHEN条件句の一部として集約を受け取ることができます。

COUNTは、以下のSQL問合わせのように、「*」を入力引数として取ることができます。

   SELECT city, kind, sales, profit,
   COUNT(*) OVER (PARTITION BY city, kind 
                  ROWS BETWEEN UNBOUNDED PRECEDING AND 
                  UNBOUNDED FOLLOWING)
   FROM activity_month;