17.10 - 式の種類 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL式は通常、次のカテゴリに分類されます。

タイプ 説明
数値式 式は、通常、算出する結果の種類によって分類されます。

例えば、数値式は、列名、リテラル、関数で構成されているか、結果が数値タイプの場合に算術演算子で結合された列名、リテラル定数、および関数の組み合わせで構成されています。

文字列式
日時式
間隔式
派生PERIODなどのPERIOD式
CASE式 CASE式は、一連のWHEN/THEN句とオプションのELSE句で構成されています。

値形式のCASE式は、テスト式と同等の最初のWHEN式のテストを行ない、一致するTHEN式の値を戻します。どのWHEN式もテスト式と同等でない場合、CASEはELSE式を返します。省略されている場合にはNULLを返します。

検索形式のCASE式は、TRUEと評価される最初のWHEN式のテストを行ない、一致するTHEN式の値を返します。どのWHEN式もTRUEと評価されない場合、CASEはELSE式を返します。省略されている場合にはNULLを返します。