17.10 - HASHROW関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-09-23
HASHROW ( [ expression [,...] ] )

構文要素

expression
SELECT文のSELECT句の式リストに表示できるオプションの式またはカンマで区切られた式リスト。通常は、(候補の)インデックスを構成する列名をカンマで区切ったリスト。
HASHROWは、結果がUDTデータ型になる式をサポートしません。
expressionが次の場合 HASHROWの戻す内容
最大のハッシュ コード値を戻します。
NULLと評価される式 '00000000'XBを戻します。
すべての式がNULLと評価される場合の式のリスト
0、''、' '、または同様の値と評価される式
SELECT文の選択リストに表示できる、NULL以外の有効な式 expressionまたはexpressionsのリストを評価して、その結果に対してハッシュ関数を適用します。HASHROWはその結果の行ハッシュ値を戻します。
いくつかの式がNULLと評価される場合、SELECT文の選択リストに表示できる式のリスト