17.10 - 引数のタイプとルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この関数に渡された式は、次のデータ型を持っている必要があります。

  • instring = VARCHARまたはCLOB
  • name_to_search = VARCHAR
  • name_delimiters = VARCHAR
  • value_delimiters = VARCHAR
  • occurrence = INTEGER

instringname_to_searchname_delimiters、およびvalue_delimitersの文字セットは、LATINまたはUNICODEにできます。パラメータ文字セットが混在している場合は、すべてのパラメータはUNICODEに変換されます。

UDFに適用される暗黙のデータ型変換ルールを使用して上記のタイプに変換できる、データ型の引数も渡すことができます。

UDFの暗黙の型変換ルールは、Vantageで通常使用される暗黙の型変換ルールよりも制限されています。UDFの暗黙の変換ルールに従って、必要なデータ型に変換できない引数は、明示的にキャストする必要があります。

ある区切り文字がそれより長い区切り文字の一部の場合、一致プロセスではより長い区切り記号が優先されます。

隣接する区切り文字は、単一の区切り文字として扱われます。