17.10 - DEFAULT関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
DEFAULT [ ( column_name ) ]

構文要素

column_name
基本テーブル、ビュー、キュー テーブル、または派生テーブルの列の名前。
列名は、修飾されていてもいなくてもかまいません。
DEFAULT関数は、指定された列または派生した列(column_nameが省略された場合)のデフォルト値を返します。
指定された列または派生した列がビュー列または派生したテーブルの列である場合は、DEFAULT関数は基礎となるテーブル列のデフォルト値を戻します。
例えば、デフォルト値がCURRENT_TIMEまたはUSERの場合のように、列のデフォルト値がシステム変数に評価されると、DEFAULT関数は文が実行されたときにシステム変数の値を返します。
DEFAULTは次のいずれかの条件が真の場合にNULLを返します。
  • 指定された列または派生した列がDEFAULT NULL句を使用して定義されている
  • 指定された列または派生した列に明示的なデフォルト値がない
  • 指定された列または派生した列のデータ型がUDTである
  • 指定された列または派生した列が、明示的なデフォルト値を持たない単一の基礎となるテーブルの列から派生したビュー列の名前である

    例については、「ビューの列名の指定」を参照してください。

  • 例えば、ビュー列がリテラル式から派生した場合などのように、指定された列または派生した列が、単一の基礎となるテーブルの列から派生したものではないビュー列の名前である