DBFDSC - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

DBFDSCは、DBCHCLのDisconnect関数です。

DBFDSCは、データベースのセッションをログオフし、DBFCONによって割り当てられた内部構造体の割り当てを解除するために使用されます。

どのように機能するか

DBFDSCは、次の機能を実行します。
  • セッションが活動状態であれば、そのセッションが完了するまで待ちます。
  • アプリケーションでオプションの更新を要求していた場合には、オプションの設定/検証ロジックを実行します。
  • すべてのオープン リクエスト(スプール ファイルの取り消し処理を除く)に対して論理ERQを実行します。
  • ログオフ リクエストをデータベースに送ります。
  • セッションに関連付けられたすべての制御ブロックを解放します。

成功する切断操作

正常な切断処理を行なうためには、以下に示す順序で操作します。
  1. DBFDSC関数のDBCHCLを呼び出します。
  2. その戻りコードがゼロであることを確かめます。

切断されるセッションに処理待ち状態のリクエストがあれば、DBCHCLは、ゼロの戻りコードで制御をアプリケーション プログラムに返します。

セッションがログオフされることをアプリケーション プログラムで確かめるために、ゼロまたは"request may be aborted(リクエストはアボートされる場合があります)"の両方の戻りコードが使用されます。アプリケーションではさらに詳しく調べる必要はありません。ただし、アプリケーション プログラムで戻りコード"request may be aborted(リクエストはアボートされる場合があります)"を受け取った場合には、アプリケーション プログラムではリクエストがアボートされたかどうかは判定できません。

トランザクションが進行中であった場合には、セッションをログオフすることによってそのトランザクションがロールバックされます。

DBFDSCは、Wait For Responseの設定値の影響を受けません。

接続が成功しなかった場合には、CLIがセッション用に割り当てた内部構造体はまだ存在しています。

インターフェース

関数: DBFDSC - Disconnect
目的: セッションをログオフし、関連付けられた制御ブロックを解放する
パラメータ: