Locate Modeの値の変更 - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

指定された値がアプリケーションに対して適切な値でない場合は、Connect、Run Startup、またはInitiate Request関数のDBCHCLを呼び出す前に、次の手順を実行します。

  1. Change-optionsを「Y」に設定します。
  2. Locate Modeの値を次のように変更します。
    • Y: 返されたデータは、応答バッファ内で使用可能になる場合。
    • N: 返されたデータは、移動領域内で使用可能になる場合。
    Locate ModeがYの場合は、位置付けモード(Locate Mode)と呼びます。 Locate ModeがNで、Parcel Mode FetchがYの場合は、移動モード(Move Mode)と呼びます。 (Locate Modeは、Parcel Mode Fetchと組み合わされて作動します。)
    Locate Modeの設定は、Fetch Maximum Data Length、Fetch Data Pointer、Fetch Returned Data Length、Fetch Parcel Flavor、およびFetch Error Indicatorの使用に影響を与えます。
    Variable Length FetchとLocate Modeを、同時にYに設定しないでください。