Using Data Length Array - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Using Data Length Arrayフィールドは、using_data_lenエレメントの配列を指します。

using_data_len_arrayは、using_data_lenと類似していますが、単一の長さを含める代わりに、長さの配列を指します。 すべての長さは、using_data_ptr_arrayで参照されたエレメントと関連付けられます。 var_len_reqが「Y」に設定されている場合は、using_data_ptr_arrayをゼロにする必要があります。この場合、CLIv2は、各using_data_ptr_arrayエレメントの最初の2バイトから、長さを抽出します(各エレメントの長さは、必然的に64K - 1に限定されます)。

言語 変数名
COBOL: DBCAREA-USING-DATA-LEN-ARRAY
C: DBCAREA.H: using_data_len_array
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 読み取り(IRQ)
使用者 動作
アプリケーション プログラム 書き込み
以下の状況では、エラー コード502が返されます。
  1. using_data_countとusing_data_ptrの両方が、ゼロ以外の場合
  2. using_data_countがゼロ以外で、using_data_ptr_arrayがゼロの場合
  3. using_data_ptr_arrayがゼロ以外、using_data_len_arrayがゼロで、var_len_reqが「N」に設定されている場合

エラー コード502

CLI502 BADARRAYOPS:Invalid parameter combination for array- operations. (配列操作に対して無効なパラメータの組み合わせです。)