Return Statement Info - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Return Statement Infoは、DataInfo[X]またはPrepInfo[X]応答パーセルの代わりにStatementInformation応答パーセルを返すかどうかを指定します。データベースは、応答モード'F'(フィールド モード)でこのオプションの使用を拒否します。

言語 変数名
COBOL: RETURN-STATEMENT-INFO
C: return_statement_info
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 読み取り(RSUP; IRQ)
使用者 動作
アプリケーション プログラム 書き込み
以下に示す値のいずれか1つを、リクエストの開始前に設定できます。
  • N - デフォルト設定。StatementInformation応答パーセルが使用できないことを示す。
  • Y - StatementInformation応答パーセルが使用できることを示します。