複数セッションの例 - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

次のテーブルに、設定する関数コードとDBCHCLへの呼び出しの説明を示します。

関数 説明
Connect/Fetch(接続/取り出し) 単一セッションの場合と同じ。
ConnectおよびFetchは、セッションごとに実行しなければなりません。
Initiate Request(リクエスト開始)(セッション1) Teradata SQLリクエストをデータベースに送る。アプリケーションでは、Teradata SQLリクエストおよびデータ(データを使用する場合)のアドレスと長さを設定しなければならない。DBCHCLは、応答パーセルを追加し、リクエストを送る。アプリケーションでは、出力リクエストおよび出力セッション識別子を保存しなければならない。
Initiate Request(リクエスト開始)(セッション2) セッション1の場合と同じ。おそらくデータは異なります。
Fetch(取り出し)(セッション1および2) 単一セッションの場合と同じ。
  • DBCAREA. header. logsessidを、使用するセッションのidに設定します。
  • 使用するセッションのDBCAREA入力セッションidを設定します。
  • アクセスするリクエストのDBCAREA入力リクエストidを設定します。
End Request(リクエスト終了) リクエストに関連する文脈をクリーンアップします。 (セッション1および2)
Disconnect(切断)(セッションごと) データベースからログオフし、セッションに関連する制御ブロックを解放します。