Element Type - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Eyecatcherフィールドが'IRX8'、Levelフィールドが1の場合、Element Typeは以下の手法のタイプを表わします。

0 – インライン メソッド

1 – ポインタ手法

Eyecatcherフィールドが'IRX8'で、Levelフィールドが0の場合、Element Typeはパーセル データがエレメント(インライン メソッド)にあるか、単にエレメントでアドレス指定されるか(ポインタ手法)を示すだけでなく、パーセル フレーバーも指定します。

一番左のビットがゼロの場合、パーセル本体はエレメント自体に含まれ、このビットが1の場合はエレメントによってアドレス指定されます。 フィールドの残りの部分には、パーセル フレーバーが入っています。

記号名(symbolic name)は、EyecatcherとLevelフィールドに依存します。

拡張部分ヘッダー Eyecatcher Level エレメント名 メンバー名
DBCAREAX DBCX - x_element/ xp_element x_elm_type
D8CAIRX IRX8 0 D8XILMNT d8xilTyp
D8CAIRX IRX8 1 D8XIELEM d8xieTyp

Element Typeの値が4095を超えると、ゼロ以外の戻りコードが返されます。

Element Typeの値が4095以下でも、それが有効なParcel Flavorの値でなければ、Teradataサーバーからエラーが返されます。

Element Typeフィールドの上位ビットがオフの場合、Element Dataにはパーセル本体が入っています。 ただし、Element Typeフィールドの上位ビットがオンであれば、Element Dataには、実際のパーセル本体を指すポインタと指されるパーセル本体の長さが入っています。