Req - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

目的

1つ以上のTeradata SQL文から成るリクエストを開始し、その結果がレコード モードで返されることを指定します。

使用上の注意

Teradata SQLリクエストにUSING修飾子が入っている場合には、このパーセルの後ろにDataまたはIndicDataパーセルが続くはずです。

このパーセルは、アプリケーションの指示によってCLIv2が生成します。

パーセル データ

次の情報は、Reqパーセルに適用されます。

フレーバー パーセル ボディ長 パーセル ボディ フィールド
1 1~本体の最大サイズ ReqText

フィールドについての注意

ReqTextには、Teradata SQLリクエストの文字列が入ります。 リクエスト文字列には、1つ以上のTeradata SQL文が入ります。

単文のリクエストは、セミコロンで終わらせる必要はありません。

しかし、リクエストに2つ以上の文を含める場合には、最後の文はセミコロンで終わらせる必要はありませんが、各文をセミコロンで区切らなければなりません。

Reqパーセルの合計の長さには、セミコロンも含まれます。