Level - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Eyecatcherが'IRX8'の場合、Levelフィールドは拡張部分の形式を指定します。0に設定されている場合、64ビット インプリメンテーション用に定義されているエレメントが使用されます。1に設定されている場合、APHインプリメンテーション用に定義されているエレメントが使用されます。

拡張部分ヘッダー Eyecatcher Level 使用するエレメント構造
D8CAIRX IRX8 0 D8XILMNT, D8XILPTR
D8CAIRX IRX8 1 D8XIELEM, D8XIEP

値0の使用は推奨されません。 新規インプリメンテーションは、APHインプリメンテーション用に定義したエレメントを使用する必要があります。