Multi-TSR - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

目的

サイズが大きすぎて最大パーセル サイズを超えてしまうリクエストを、セグメント化して提供します。 現在、このパーセルはストアド プロシージャのテキストのみに使用されます。

使用上の注意

アプリケーションがSegment Dataオプションを指定していると、CLIv2によってこのパーセルが生成されます。

パーセル データ

フレーバー パーセル ボディ長 パーセル ボディ フィールド
128 3
  • SequenceNumber: 2バイト
  • Status: 1バイト

フィールドについての注意

SequenceNumberフィールドは、他のセグメントを基準とした所定のセグメントの順序を指定します。 Sequence Numberは、1から始まりMulti-TSRパーセルごとに1ずつ増える2進数の値です。

Statusフィールドは、セグメントのタイプを指定します。 2進数の1は、最後のセグメントであることを示します。 最後のセグメント以外は、2進数の0になります。