内部エラーが検出された場合 - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

データベースは、処理の続行を妨げる内部エラーを検出すると、診断情報を格納し、自らを初期設定し直します。これを、データベースのクラッシュ、またはリセットと呼びます。再初期設定が終了すると、データベースは、進行中であった未完成のトランザクションとリクエストをロールバックします。この処理を、データベースの回復と呼びます。