SP Options - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

目的

ストアド プロシージャのコンパイルに使用するオプションを指定します。

使用上の注意

アプリケーションは、このパーセルを、Initiate Request DBCAREAの拡張部分の中にある先頭または唯一のセグメント化されたデータ リクエストのために提供します。

パーセル データ

フレーバー パーセル ボディ長 パーセル ボディ フィールド
129 2
  • Print:1バイト(未使用)
  • SaveSPL: 1バイト

フィールドについての注意

SaveSPLフィールドは、ストアド プロシージャのソース テキスト(DDL定義)をデータベースに保存するかどうかを指定します。
  • ASCII大文字'Y'は、この文が保存されることを示す。
  • ASCII大文字'N'は、この文が保存されないことを示す。