Abort - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

目的

Abortパーセルは、特定のリクエストの処理を終了します。 このAbortパーセルは、アボート リクエストに対して、または活動中のリクエストがあるセッションのログオフに対して、CLIv2が作成します。

使用上の注意

Abortパーセルは、アボートされるTeradata SQLリクエストを運んだ開始リクエストとは非同期に、単一のリクエストとして送られます。データベースが指定されたリクエストを処理している場合、このリクエストはアボートされ、Failureパーセルが返されます。アボートを受け取った時点でそのリクエストが完了している場合には、アボートは無視されます。

パーセル データ

次のテーブルに、Abortパーセルのフィールド情報をリストします。

フレーバー フィールド パーセル本体の長さ パーセル ボディ フィールド
6 0 なし