Message Length Returned - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Message Length Returnedフィールドは、CLIによって返されるメッセージの長さを示す2バイトのフィールドです。 メッセージは、Message Area Pointerフィールドで指される領域に返されます。

値は、その領域に返すことのできるメッセージの最大長以下です。

言語 変数名
COBOL: DBCOMSGL
C: DBCAREA.H: dbcoMsgL(大文字と小文字を区別)
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 書き込み
使用者 動作
アプリケーション プログラム 読み取り

このフィールドの情報は、Message Area Pointerが指定されている場合にのみ有効です。