セッション制御: ログオン - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  • 接続リクエストについてのFetch関数の実行時に、Connect Type = RでReturn Codeフィールド= 33の場合には、応答パーセルを走査する必要はありません。
  • Connect Type = RでReturn Codeフィールド= 0の場合には、返されるパーセルは、次のどちらかです。
    Failure parcel (flavor 9), or
    Error parcel (flavor 49)
  • Connect Type = CでReturn Codeフィールド=ゼロ以外の場合には、応答パーセルを走査する必要はありません。
  • Connect Type = CおよびReturn Codeフィールド= 0の場合で、接続の確立について問題がある場合には、返されるパーセルは次のどちらかです。
    Failure parcel (flavor 9), or
    Error parcel (flavor 49)
  • Connect Type = CおよびReturn Codeフィールド= 0の場合で、接続が問題なく確立された場合には、返されるパーセルは次の両方です。
    Success parcel (flavor 8), and
    EndRequest parcel (flavor 12)