Transforms-off - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Transforms-offは1バイトのASCIIフィールドで、SQL Structured ユーザー定義型(UDT)を外部データ型に変換するか、構成属性として残すかを示します。

言語 変数名
COBOL: TRANSFORMSOFF
C: DBCAREA.H: transformsOff
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 読み取り(RSUP; IRQ)
使用者 動作
アプリケーション プログラム 書き込み
このDBCAREAフィールドに設定できる値は、「Y」および「N」です。
  • 「N」 - 値「N」は、フラグがオフであり、Structured UDTを外部型に変換することを示します。
  • 「Y」 - 値「Y」は、フラグがオンであり、Structured UDTが未変換モードでサーバーから返されることを示します。