Positioning-action - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Positioning-actionは、応答内でFetchを実行する場所を特定します。

言語 変数名
C: DBCAREA.H: positioning_actionまたはdbfiPAct
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 読み取り(FET)
使用者 動作
アプリケーション プログラム 書き込み

以下に示す値のいずれか1つを、Fetch関数の呼び出し前に設定できます。

設定値 目的
0 次のパーセルを取り出します。 これがデフォルトです。
1 文およびPositioning-statement-numberのPositioning-valueで指定した、行番号の最初のパーセルを取り出します。
2 バイトのオフセットから始まる、Binary Large Object (BLOB)のバイトを取り出します。 文およびPositioning-statement-numberのPositioning-valueで指定します。 これは、ロケーターを利用して単一のBLOBが選択された場合のみ、実行可能です。
3 文字のオフセットから始まる、Character Large Object (CLOB)の文字を取り出します。 文およびPositioning-statement-numberのPositioning-valueで指定します。 これは、ロケーターを利用して単一のCLOBが選択された場合のみ、実行可能です。

このオプションを使用するには、リクエスト開始時に、Keep-response=Pを指定する必要があります。

同設定の使用には、Change-optionの利用は必要ありません。 つまり、Positioning-actionでChange-option設定が上書きされます。