二重バッファ処理をして巻き戻しをする場合 - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

二重バッファ処理をしたリクエストを巻き戻す手順は、単一バッファ処理をしたリクエストの場合と同様ですが、KeepRespのないリクエストに対して巻き戻しを実行できるかどうかを調べるためにEndRequestパーセルについて両方のバッファを走査しなければならないことだけが異なります。