応答の取り出し - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

応答を、単一バッファまたは二重バッファで処理することができます。 応答は、返信、巻き戻し、再位置付けとしても使用できます。 応答が巻き戻しできるのは、リクエスト開始時に、DBCAREAオプションのrequest_modeが「P」または「Y」に設定されている場合のみです。 応答が再位置付けできるのは、リクエスト開始時に、DBCAREAのkeep_respが「P」に設定され、カーソルの再位置付けがデータベースでサポートされている場合のみです。