オプションの処理 - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

アプリケーションは、DBCAREAを初期設定するために、DBCHINIを呼び出します。 初期設定を行なう前に、DBCHINIは、clispb.datファイルが使用される場合、まずそれを解析します。 clispb.datオプションが不当である場合は、エラー メッセージが返されます。

DBCHINIから制御が戻った後で、アプリケーションのDBCAREAは、clispb.datが使用される場合は、そこからの値で初期設定され、clispb.datから提供されない値については、CLIデフォルトからの値で初期設定されます。