Using Data Pointer - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Using Data Pointerフィールドは、リクエスト文字列内のUSING句によって参照されるデータ文字列のアドレスを指定します。 DBCHCLは、リクエスト文字列の解析を行ないません。 したがって、データ文字列が存在すること、およびリクエストの文字列内にUSING句がある場合にはUsing Data Pointerがそのデータ文字列を指していることをアプリケーション プログラムで保証する必要があります。

言語 変数名
COBOL: DBCAREA-USING-DATA-PRT
C: DBCAREA.H: using_data_ptr
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 読み取り(IRQ)
使用者 動作
アプリケーション プログラム 書き込み
リクエストの文字列にUSING句が入っている場合には、Initiate Request関数のDBCHCLを呼び出す前に、データベースのアプリケーション プログラム側で、USING句によって記述されるデータが入っているデータ文字列を組み立てておかなければなりません。
  • データにNULL値が入ることがあり得なければ、アプリケーション プログラムでDBCAREAのUse Presence Bitsを'N'に設定する。
  • データにNULL値が含まれる可能性がある場合は、アプリケーション プログラムで、データ文字列の前に標識ビットが入ったバイト(1列当たり1つ)を挿入し、Use Presence Bitsを'Y'に設定する。Use Presence Bitsを参照。

プレゼンス ビットの最初のバイトのアドレス、またはプレゼンス ビットがなければデータ文字列の最初のバイトのアドレスを、アプリケーション プログラム側でUsing Data Pointerに入れなければなりません。

リクエスト文字列の中にUSING句がない場合には、Using Data Lengthを必ずゼロに設定します。そうしなければ、Using Data Pointer内の値が何であっても実際のアドレスとみなされて使用され、予期しないエラーが発生することがあります。