Next Pointer - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

ゼロではない場合、Next Pointerは別のDBCAIRXまたはDBCAREAXを指定して、DBCAIRXまたはDBCAREAX拡張部分のリンク付きリストを形成します。 記号名(symbolic name)は、Eyecatcherフィールドに依存します。

拡張部分ヘッダー Eyecatcher メンバー名
DBCAREAX DBCX x_next_ptr
D8CAIRX IRX8 d8xiNext

DBCAREAXまたはDBCAIRX拡張部分がリンクされる順序は、これらの拡張部分に入っているパーセルが要求バッファ内に組み立てられる順序と同じです。