Token - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

使用上の注意

Tokenフィールドは、リクエストのためのユーザー定義の識別子を指定します。

言語 変数名
COBOL: DBCAREA-TOKEN
C: DBCAREA.H: token
ルーチン 動作
DBCHINI: 書き込み
DBCHCL: 読み取り(CON; RSUP; IRQ)
DBCHWAT: 使用
使用者 動作
アプリケーション プログラム 書き込み

Tokenは、リクエストごとに維持され、未決(処理待ち)であったリクエストが転送を完了した時点で、DBCHWATによって返されます。

アプリケーション プログラマは、自らの判断において、Tokenを有効に活用することができます。 Tokenは、主に並行リクエストまたは並行セッションを実行するアプリケーション プログラムで使用されます。 一般には、アプリケーション プログラムで維持するリクエストの文脈へのインデックス、または参照のために使用して、あとで行なうFetch、Rewind、Abort、End Requestの呼び出しの際に実際のリクエストidおよびセッションidを検索できるようにします。