パーセル モードで拡張領域を使用してCLIに送信されるAPHパーセル - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

アプリケーションは、パーセル モードの場合でも、TDSPおよびパラメータ付きのSQLリクエストで特定のパーセルを送信する必要があります。 この目的に、DBCAREAの拡張部分が使用されます。 DBCAREAには、CLIによって定義された拡張ヘッダーおよび拡張エレメント セットが含まれます。 アプリケーションは、拡張ヘッダーの"eyecatcher"フィールドを設定することによって拡張エレメントのセットを選択します。 "DBCX"に設定されている場合、エレメントは32ビット モードでのみ動作するよう定義されます。 "IRX8"に設定されている場合、エレメントは32ビット モードと64ビット モードで動作するよう定義されます。

既存のエレメント構造は、APHパーセル フレーバーまたはサイズが65535バイトを超えるパーセル本体の送信には不十分です。 この制限を克服してAPHパーセルをサポートするために、DBCAREA拡張部分に以下の変更がインプリメントされています。
  • 新しいエレメント構造セットが定義された。
  • 既存のエレメント構造の使用は推奨されない。
  • 64ビットの実装で定義されている構造エレメント"D8XILMNT"と"D8XILPTR"の使用は推奨されません。