DBCHSAD - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

DBCHSADは、与えられたパラメータのアドレスを返します。

この関数は、目標アドレスにソース引数を格納することによって実行されます。 これによって、ポインタ操作をサポートしない言語で、DBCAREAポインタ引数が設定されることが許可されます。

CLIは、DBCHSADの内部初期化の実行、またはその内部文脈を検出する試みをしません。

パラメータ

DBCHSAD (ReturnCode, TargetAddress, SourceValue)
Int32 *ReturnCode
void **TargetAddress
void *SourceValue

次のような場合に当てはまります。

パラメータ 内容
ReturnCode DBCHSADから制御が戻ると、この整数には、ソース値のコピーが成功したか失敗したかを表わすコード値が入っています。 ゼロの戻りコードは、成功を示します。ゼロ以外の戻りコードは、失敗を示すと同時にその値が失敗の理由を示します。
TargetAddress ソース値が格納される領域の最初のバイトのアドレス。
SourceValue 目的のアドレスに格納する値を含む、符号付き整数。