RunResponse - Call-Level Interface Version 2

Teradata® Call-Level Interfaceバージョン2リファレンス - ワークステーション接続システム

Product
Call-Level Interface Version 2
Release Number
17.10
Published
2021年6月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/ttt1608578409164.ditaval
dita:id
B035-2418
Product Category
Teradata Tools and Utilities

目的

リクエストの送信先をTDPに通知します。

使用上の注意

このパーセルは、ConnectおよびRunパーセルへの応答として出現します。ConnectおよびRunパーセルは、アプリケーションとTeradata SQLの間に接続を確立します。

パーセル データ

次の情報は、RunResponseパーセルに適用されます。

フレーバー パーセル ボディ長 パーセル ボディ フィールド
39 18
  • StartRequest Mailbox:
  • ContinueRequest Mailbox:
  • AbortRequest Mailbox:
  • 6バイト
  • 6バイト
  • 6バイト

フィールドについての注意

StartRequest Mailboxは、開始リクエストに対するTeradataサーバー上の宛先です。

ContinueRequest Mailboxは、継続リクエストに対するTeradataサーバー上の宛先です。

AbortRequest Mailboxは、アボート リクエストに対するTeradataサーバー上の宛先です。