17.11 - 高可用性の概要 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Release Date
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)

高可用性構成はData Moverシステムの基本構成です。システムのプライマリ(指定アクティブ)コンポーネントが使用できなくなっても、高可用性構成によりセカンダリ(指定スタンバイ)システムでシステムが機能し続けます。

高可用性構成は、SSH接続を介してアクティブに実行されているコンポーネントおよびサービスを監視するモニタリング サービスに依存します。指定アクティブ サービスのいずれかが実行を停止すると、フェールオーバー シーケンスは、指定アクティブ コンポーネントの引き継ぎを指定スタンバイ コンポーネントに許可するプロセスを開始します。

以下のモニタリング サービス要件は、高可用性環境に適用されます。
  • アクティブ コンポーネントおよびスタンバイ コンポーネント上のデーモン、エージェント、Data Mover REST、ActiveMQ、および同期モニター サービスは、ユーザーdmuserを使用して実行されます。
  • dmuser以外のユーザーがこれらのサービスを実行するように設定されている場合は、モニタリング サービスを使用してData Moverコンポーネントを監視することはできません。
  • バンドルされたDSAサービスは、ユーザーdscuserで実行する必要があります。