17.11 - Linux版TeradataサーバーでのData Moverエージェントのアップグレード - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Release Date
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. デフォルト値に加えたカスタマイズを保持する場合は、外部ディレクトリのプロパティ ファイルをコピーします。
    TDM_install_directory\agent\agent.properties
  2. システムに適合するソフトウェアを次のようにアンインストールし、アップグレードします。
    オペレーティング システム アクション
    Linux (Teradata以外のサーバー)
    1. コマンドラインで以下を入力して、DMAgentパッケージとTTUパッケージをアップグレードします。

      ./dminstallupgradeagent

    2. 必要に応じてプロンプトに答えた後、適切な場合は、Enterを押してデフォルト値を許可します。
    3. rpm -qa |grep DMAgentと入力して、インストールを確認します。
  3. デフォルト値に加えたカスタマイズを保持する場合は、外部ディレクトリにコピーしたプロパティ ファイルの値を復元して、パッチによって提供された値を上書きします。
    TDM_install_directory\Agent\agent.properties
  4. JMSバスト通信するためのブローカーURLとブローカー ポート番号を指定します。
    ブローカーURLの値は、ActiveMQを実行するマシン名か、マシンのIPアドレスです。ブローカー ポートの値も、ActiveMQが使用するのと同じポート番号である必要があります。デフォルト値は、broker.url=localhostおよびbroker.port=61616です。
  5. このスクリプトを使用して、スタンドアロン エージェントを初めてインストールまたはアップグレードする場合は、リモート エージェントでのActiveMQの構成の手順に従います。
    スタンドアロン リモート エージェントを手動で設定すると、その設定がアップグレードのたびに保持されます。