17.11 - 例: 同期サービスの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-11-08
  1. DM1で、sync.propertiesファイルに次の変更を入力します。
    プロパティ
    sync.isMaster true
  2. DM2で、sync.propertiesファイルに次の変更を入力します。
    プロパティ
    sync.isMaster false
  3. DM1で、Data MoverリポジトリPostgres構成を変更します。
    /var/opt/teradata/postgres/data/postgres.conf: wal_level = logical
  4. DM1で、リポジトリを再起動します。
    /etc/init.d/postgresql stop
    /etc/init.d/postgresql start
  5. コマンド/opt/teradata/datamover/daemon/nn.nn/dm-control.sh restartを使用してDMサービスを再起動します。ここでnn.nnはData Moverのバージョン番号を示します。
    DMサービスが再起動しない場合、最初のdatamoveコマンドは失敗しますが、以降のコマンドは機能し続けます。