17.11 - クラウドのノード障害回復(NFR)に関する考慮事項 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-11-08

ノード障害回復(NFR)は、ノードに障害が発生したときにTeradata SQL-Eノードが自動的に置き換えられるクラウド機能です。NFRが発生すると、そのノードに関連付けられた静的IPアドレスのみが有効のままになり、非静的IPアドレスは置き換えられます。非静的IPアドレスを使用してネットワーク ファブリックが定義されている場合、NFRが発生した後、そのネットワーク ファブリックは無効になります。

このシナリオを回避するには、クラウドベースのSQL-Eシステムのネットワーク ファブリックを定義する際に静的IPアドレスを選択します。AWSでは、これらはエラスティックIPアドレスと呼ばれ、Azureでは静的なパブリックIPアドレスと呼ばれます。SQL-Eノードでは、これらは一般に、eth0:0からeth0:3のネットワーク インターフェースに関連付けられます。ネットワーク ファブリックを定義する際はクラウドのエキスパートに相談し、選択したIPアドレスがNFR発生時に有効と見なされる静的IPアドレスであることを確認してください。