17.11 - Teradata以外のサーバーへのData Moverコマンドライン インターフェースのインストールと構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語
Last Update
2021-11-08
次の手順に従って、Data Moverコマンドライン インターフェースを他社製サーバー上のLinux、Windows、Solaris Sparc、Ubuntu、IBM AIXの各システムにインストールする必要があります。これらのシステムにPUTを使用してコマンドライン インターフェースをインストールすることはできません。

ステップ1~4は、Windowsシステムへのインストールには適用されません。

  1. 全ユーザー用の環境変数JAVA_HOMEおよびPATHを更新するには、/etc/profileファイルの末尾に次のコード行を追加します。
    export JAVA_HOME={full path of java installation location}
    export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
  2. コマンドを実行:
    source /etc/profile
  3. JRE.1.8と出力されることを確認します。
    java -version
  4. ルート ユーザーの.profileファイルを開き、JAVA_HOME環境変数とPATH環境変数の値が/etc/profileで定義されているものと同じであることを確認します。
    値が異なる場合は、java -versionコマンドがインストール時、正しい出力をせず、インストールは失敗します。
  5. システムに適合するDMCmdlineソフトウェア パッケージを次のようにインストールします。
    オペレーティング システム アクション
    Linux (Teradata以外のサーバー)
    1. コマンドラインでexport DM_INTERACTIVE_INSTALL=1と入力して、対話型インストールのための環境変数を設定します。
    2. コマンドラインで、以下を入力します。

      gunzip DMCmdline__linux_i386.17.11.xx.xx.tar.gz tar xvf DMCmdline__linux_i386.17.11.xx.xx.tar

      cd DMCmdline.17.11*

      rpm -Uvh DMCmdline__linux_noarch.17.11`.xx.xx-1.rpm

    3. 必要に応じてプロンプトに答えた後、適宜Enterを押してデフォルト値を許可します。
    4. rpm -qa |grep DMCmdlineと入力して、インストールを確認します。
    Windows
    1. メディア上のData Moverディレクトリをハード ドライブ上のフォルダにコピーします。
    2. DataMover/Windowsに移動して、tdm-windows__windows_i386.17.11.xx.xx.zipを解凍します。
    3. DISK1ディレクトリに移動して、setup.exeを実行します。
    4. 必要に応じてプロンプトに答えた後、適切な場合は、次へを押してデフォルト値を許可します。
    5. 完了したらインストールを選択します。
    6. 開始 > コントロール パネル > プログラムの追加と削除に移動して、インストールを確認します。
    Solaris Sparc
    1. コマンドラインで以下を入力して、インストールします。

      gunzip tdm-solaris__solaris_sparc.17.11.xx.xx.tar.gz

      tar xvf tdm-solaris__solaris_sparc.17.11.xx.xx.tar

      pkgadd -d 'pwd' DMCmdline

    2. 必要に応じてプロンプトに答えた後、適切な場合は、Enterを押してデフォルト値を許可します。
    3. pkginfo -l DMCmdlineと入力して、インストールを確認します。
    IBM AIX
    1. コマンドラインで以下を入力して、インストールします。

      gunzip tdm-aix__aix_power.17.11.xx.xx.tar.gz

      tar xvf tdm-aix__aix_power.17.11.xx.xx.tar

      installp -acF -d ./DMCmdline DMCmdline

    2. 必要に応じてプロンプトに答えた後、適切な場合は、Enterを押してデフォルト値を許可します。
    3. lslpp -l "DM*"と入力して、インストールを確認します。
    Ubuntu
    1. コマンドラインでexport DM_INTERACTIVE_INSTALL=1と入力して、対話型インストールのための環境変数を設定します。
    2. コマンドラインで、以下を入力します。

      tar xzvf tdm-ubuntu__ubuntu.17.11.xx.xx.tar.gz

      cd DMCmdline.17.11.xx.xx

      dpkg -i DMCmdline__ubuntu_all.17.11.xx.xx-1.deb
      Ubuntuの場合、-iはインストールとアップグレードの両方に使用します。
    3. 必要に応じてプロンプトに答えた後、適宜Enterを押してデフォルト値を許可します。
    4. dpkg -l |grep dmcmdlineと入力して、インストールを確認します。
  6. RESTサーバーを変更する必要がある場合は、インストール後、TDM_install_directory\CommandLine\commandline.propertiesディレクトリ内にあるcommandline.propertiesファイルを編集します。
  7. 次の例のように、デーモンと通信するためのData Mover RESTサーバーのURLを指定します。
    dm.rest.endpoint=https://dm_host:1443/datamover

    dm.rest.endpointに使用されるhost:portの値がtdmrest.propertiesaccept.host.listに含まれるようにしてください。