17.11 - Failover.propertiesファイル - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Release Date
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Mover failover.propertiesファイルには、フェールオーバー プロセスを制御するファイルが含まれています。フェールオーバー プロセスをセットアップする場合、構成するシステムに応じてこのファイルを編集します。
プロパティ名 説明
local.daemon.host 指定アクティブ デーモンを実行するホスト。
remote.daemon.host 指定スタンバイ デーモンを実行するホスト。
local.monitor.host 指定アクティブ サービスを監視するモニタリング サービスを実行するホスト。
remote.monitor.host 指定スタンバイ サービスを監視するモニタリング サービスを実行するホスト。
local.repository.host 指定アクティブ デーモンによって使用されるリポジトリがインストールされているホスト。

同期モニター サービスがインストールされているホストと同じホストを使用します。リポジトリがデーモンと同じサーバーにインストールされている場合、この値はlocal.daemon.hostと同じになります。

remote.repository.host 指定スタンバイ デーモンによって使用されるリポジトリがインストールされているホスト。

同期モニター サービスがインストールされているホストと同じホストを使用します。リポジトリがデーモンと同じサーバーにインストールされている場合、この値はremote.daemon.hostと同じになります。

local.agents.host 指定アクティブ デーモンによって使用されるエージェントがインストールされているホスト。複数のエージェントが使用されている場合は、カンマ区切りのリストを使用してエージェントを指定します。リストの順序は重要ではありません。
remote.agents.host 指定スタンバイ デーモンによって使用されるエージェントがインストールされているホスト。複数のエージェントが使用されている場合は、カンマ区切りのリストを使用してエージェントを指定します。リストの順序は重要ではありません。

アクティブ サーバーとスタンバイ サーバーの間で外部エージェントが共有される場合、共有されるエージェントの名前をlocal.agents.hostremote.agents.hostの両方に対して指定する必要があります。