17.11 - Linux版TeradataサーバーでのData Moverエージェントのインストールと構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-11-08
Data Moverエージェントは、次の手順を使用してLinux Teradataサーバーにインストールできます。PUTを使用して、Teradata以外のサーバーにData Moverエージェントをインストールしたり、構成したりすることはできません。dminstallupgradeagentを使用する必要があります。
  1. コマンドラインで./dminstallupgradeagentと入力して、Data MoverエージェントおよびTTUパッケージをインストールします。
  2. 必要に応じてプロンプトに答えた後、Enterを適宜押してデフォルト値を許可します。
  3. rpm -qa |grep DMAgentと入力して、インストールを確認します。
  4. このスクリプトを使用して、スタンドアロン エージェントを初めてインストールまたはアップグレードする場合は、リモート エージェントでのActiveMQの構成の手順に従います。
    スタンドアロン リモート エージェントを手動で設定すると、その設定がアップグレードのたびに保持されます。
    ****************************************************************************
    *                                                                          *
    * WARNING: A new activemq encrypted password has been generated.           *
    *          Any remote Agents that are connecting to activemq on            *
    *          this server must be updated as follows:                         *
    *                                                                          *
    *          1) Copy /etc/opt/teradata/tdactivemq/datamover.properties from  *
    *             this server to the same location on the remote Agent host.   *
    *                                                                          *
    *          2) Set the permissions of this file on the remote Agent as:     *
    *               chmod 650 datamover.properties                             *
    *               chgrp activemq datamover.properties                        *
    *                                                                          *
    *          3) Update Agent broker.password property in agent.properties    *
    *             with the value defined in agent.properties on this server.   *
    *                                                                          *
    *             Note: Update /etc/opt/teradata/datamover/agent.properties    *
    *             if this file exists, otherwise update                        *
    *             /opt/teradata/client/nn.mm/datamover/agent/agent.properties  *
    *             (where nn.mm = version of Datamover).                        *
    *                                                                          *
    *          4) Restart the Agent:                                           *
    *               /etc/init.d/dmagent stop                                   *
    *               /etc/init.d/dmagent start                                  *
    *                                                                          *