16.20 - シナリオ1: 列レベル スキーマを持つAvroとしてのデータの格納 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ DATASETデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
列レベル スキーマでAvroとして格納されたデータは、オブジェクト コンテナ ファイルにマップされます。ステップに従って必要なデータを収集し、オブジェクト コンテナ ファイルを作成します。
  1. 列用に使用するスキーマを取得します。それには、名前に基づいてディクショナリからスキーマを選択するか、DATASETデータ型のgetSchemaメソッドを使って列のインスタンスから選択します。スキーマの長さも必要な場合は、getSchemaSizeメソッドを使用できます。
  2. DATASETデータ型のgetRawDataメソッドまたはgetRawDataLobメソッドを使用して、バイナリ コード化されたすべてのAvro値を列から取得します。これらのバイナリ コード化されたAvro値の長さも必要な場合は、getRawDataSizeメソッドを使用できます。

スキーマと取得したバイナリ コード化されたAvro値を使用することで、Avroライブラリを使用してオブジェクト コンテナ ファイルを構築できます。