16.20 - Avroオブジェクト コンテナ ファイルからのインポート - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ DATASETデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Avro仕様は、バイナリ コード化した複数のAvro値を共通スキーマとともに送信および格納するオブジェクト コンテナ ファイルの形式を定めています。

これらのファイルにはスキーマによって記述された1つのAvroスキーマと1つ以上のバイナリ コード化されたAvro値が含まれているため、オブジェクト コンテナ ファイルのデータは列ベースのスキーマを持つTeradataテーブルのDATASET STORAGE FORMAT AVRO列にマッピングされます。

Teradata DatabaseはAvroContainerSplitテーブル演算子を介してファイルを直接サポートします。次のセクションでは、ファイルからAvroデータをインポートするための一般的なフレームワークについて説明します。

  1. オブジェクト コンテナ ファイルからスキーマを取得します。
  2. ステップ1で取得したスキーマを使用して、新しいCREATE<storage-format-name>SCHEMA DDL文を使用してTeradataシステムにスキーマを作成します。このスキーマは、LATIN文字、UNICODE文字、またはバイト表現でUTF-8として指定できます。
  3. Teradataシステム上に目的の構造に適合するテーブルを作成し、ステップ2で作成したスキーマを使用して列レベルのスキーマを定義したDATASET STORAGE FORMAT AVRO列を含めます。
  4. AvroContainerSplitテーブル演算子を実行して、ステップ3で作成したテーブルにAvro DATASET値をロードします。
ここまでのステップで、任意のアプリケーションがオブジェクト コンテナ ファイルからTeradataテーブルにデータをインポートできるようになります。
列ベースのスキーマを持たないDATASETテーブル列が定義されている場合、そのスキーマはテーブル内の各Avroインスタンスと共に格納されます。