16.20 - DATASET列でのアルゴリズム圧縮の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ DATASETデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

格納形式仕様では、値を共通のスキーマとともに送信および格納するファイル形式を定義します。また、格納形式データを操作および圧縮するための特定のプロセスも定義します。

SNAPPY_COMPRESSおよびSNAPPY_DECOMPRESSルーチンを使用して、DATASETデータに対してアルゴリズム圧縮を実行できます。

DATASETデータの圧縮に使用できるのは、SNAPPY_COMPRESSとSNAPPY_DECOMPRESSのみです。その他のアルゴリズム圧縮ルーチンを使用すると、エラーが表示されます。

格納形式AVROの場合:

CREATE TABLE avroCompressTable(
	id INTEGER,
	compressibleAvroFile DATASET STORAGE FORMAT AVRO
		COMPRESS USING SNAPPY_COMPRESS
		DECOMPRESS USING SNAPPY_DECOMPRESS);
格納形式CSVの場合:
CREATE TABLE csvCompressTable(
	id INTEGER,
	compressibleCSVFile DATASET STORAGE FORMAT CSV
		COMPRESS USING SNAPPY_COMPRESS
		DECOMPRESS USING SNAPPY_DECOMPRESS);

アルゴリズム圧縮の詳細については、<Teradata Vantage™データ型およびリテラル、B035-1143>を参照してください。