16.20 - ルールと制限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ DATASETデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
出力値は常にヘッダーのないCSVデータの単一レコードです。各出力DATASET値には、次のいずれかが発生した場合のスキーマが含まれます。
  • VARCHAR/CLOB CSVファイルには、ヘッダー レコードがあります。
  • 入力値は、スキーマがあるDATASETの値です。
  • USING SCHEMA句は、スキーマを指定します。

出力DATASETの値には、入力ファイルからのヘッダー レコードは含まれませんが、field_namesキーはスキーマ内のヘッダー名を配置します。

CSVSplitを使用して、宛先テーブルに出力DATASET値を取り込みます。値は同じスキーマに従っているため、宛先テーブル列に関連付けられているスキーマを使用して、スキーマが各行に格納されないようにします。テーブル列に対してスキーマがすでに定義されている場合、出力DATASETの値に含まれるスキーマは破棄されます。テーブル列スキーマは、出力DATASET値のスキーマと一致する必要があります。

CSVSplitは、次の句を使用してDATASETデータ型のインスタンスを作成します。
  • SCHEMA
  • RETURNS