16.20 - ルールと制限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ DATASETデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

CreateDATASETはDATASETデータ型インスタンスを作成するために使用されます。インスタンスはスキーマとデータが別々に着信する自己記述型データで構成されます。データがすでにそのスキーマを持っている場合は、データからインスタンスを作成するためにCreateDATASETは必要ありません。

CreateDATASETには次の3つの必須パラメータがあります。
  • Schema: 仕様に準拠したスキーマ。SchemaパラメータがNULLの場合、インスタンスが列ベースのスキーマを持つ列にロードされているとみなされます。そうでない場合、スキーマを指定せずにインスタンスを使用すると(例: インスタンスをテーブルに書き込む、またはドット表記を使用して検索するなど)、エラーが発生します。

    スキーマ データはLATINまたはUNICODE文字セットのCHAR/VARCHAR/CLOBとして、またはスキーマのUTF8エンコーディングのBYTE/VARBYTE/BLOBとして提供されます。BYTE/VARBYTE/BLOBデータとして提供されるスキーマはNULLで終了しません。

  • Data: バイナリ コード化自己記述データ値を含むBYTE/VARBYTE/BLOB。Teradata Databaseは現在関数パラメータを指定できる方法でデータを指定できます。検証機能が有効で、NULL値が指定されたスキーマで設定されていない場合、エラーが発生します。それ以外の場合は、データは受け入れられます。
  • Storage format: 格納形式の名前を指定します。NULLまたは省略値を含め、その他の値はすべて無効です。